世帯の分離

自分自身の親が老人ホームなどに入るときに世帯を分離する
というケースは珍しくありません。

このような時に扶養控除や医療費控除などを所得控除として
差し引くことができるかというのは、気になるポイントでしょう。

親が老人ホームに入るような場合、基本的に親の収入は
年金のみというケースがほとんどです。

その場合、最低120万円の公的年金控除額を
超えていいない場合には、所得はゼロになります。

ということは、38万円を超える所得がないとみなされ、
扶養控除は受けることが可能になります。

また、このような場合もう一つ問題なるのが
親の生活を面倒自分が見ているかどうかという点です。

もし仮に生活の面倒も見ていたとすれば、それは、
扶養控除の対象になるのです。

また、医療費の負担についても同様です。

自分が親の医療費を含めて負担しているのであれば、
もちろん、医療費控除を受けることができます。

このように世帯を分離したからといっても、税金の控除は、
かなりの割合で受けることが可能です。

忘れずに所得控除として計算に入れることが重要でしょう。