パートの収入と税金

今回は、パートの収入と税金について説明します。

夫がサラリーマンで、主婦がパートとして働きに出ている
というケースはよくあると思います。

この時に意外と見落としがちになるのが
パートの税金の問題です。

働く時間などが少なければいいのですが、少し頑張って
働いてしまうと税金上かえって不利になることがあります。

どういうことかというと、まず年収が103万円を超えると
配偶者控除が受けられなくなります。

また、収入が100万円を超えると住民税が発生してくるのです。

月に大きな壁となるのが130万円の壁です。

年収が130万円以上になると税金だけでなく
社会保険料の負担が発生します。

仮に年収が130万円未満だと第三号被保険者に該当するので、
この場合は、年金の保険料支払うことなく、基礎年金を
受給することができるわけです。

また、年収が130万円未満だと医療保険も夫の健康保険の
被保険者になるので保険料の負担がないのです。

なので、本気で働きたい人以外はこのような税金上の
デメリットがあるため、慎重に考える必要があるのです。

このような税金上のデメリットを相殺できる金額が
年収160万円以上だと言われています。

このように主婦の人が働くときには法律上の税金の問題
をよく考えて働く必要があるのです。