医療費と確定申告

医療費がかかった場合、確定申告の時に控除できる
というケースが存在します。

今回は、どこまで控除が有効なのかということを説明します。

基本的に医療費控除対象額は医療費として負担した金額が
合計所得金額の5%と10万円のいずれか少ない方の額を
超えていることが要件になります。

ただし、医療費控除を受ける際に、医療費を補填するために
保険金を使った場合には、支払った医療費から差し引く
ということが必要になります。

例えば、入院した際の治療費が10万円かかったときに
保険料が20万円を降りたケースを考えてみます。

この場合は、入院した際の治療費の10万円を
差し引くと言う必要があるわけです。

基本的に医療費控除のこのような感じになります。

ただ注意点としては、そもそも医療費控除が使えるのは、
所得税が発生しているという大前提があります。

また忘れやすい点としては、住民税にも医療費控除が
認められるということがありますので覚えておきましょう。